Zmeetingの口コミや評判

公開日:2023/06/28 最終更新日:2024/02/06

ZMEETINGの画像

基本情報

Web会議との連携 Zoom
トライアル(無料)プラン 記載なし
料金 記載なし
問い合わせ 電話・メールフォーム
TEL:03-6550-9830(代表)
会社情報 Hmcomm株式会社(ツール名:Zmeeting(ジーミーティング))
【本社】
〒105-0012 東京都港区芝大門2-11-1 富士ビル 2階・5階

「毎週会社の議事録の記録が面倒!」とお悩みではありませんか。議事録の記録があると、作業に追われ、集中できませんよね。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、おすすめする議事録自動作成ツールを紹介します。それがAI議事録の「Zmeeting」です。このツールを知れば、議事録の面倒な作業は皆無となることでしょう。

おすすめの議事録作成ツール

認識率90%以上!コスパのよさが人気

音声AIによる議事録自動作成ツールであるZmeeting(ジーミーティング)には「音声認識機能」と、「話者識別機能」が搭載されています。

この2つの機能は、人件費や時間など、コスト削減に大きく貢献します。ここでは、議事録の面倒を払拭する、Zmeetingの基本機能について解説します。

音声認識率90%以上

Zmeetingは、会議で交わされる会話の音声を、話者を識別しながら、AIが自動でテキスト化してくれます。その音声認識率は90%以上を誇ります。

音声認識率90%以上のZmeetingであれば、スムーズな議事録作成が可能になります。

利用時間数をシェアできる

Zmeetingには、アカウントの作成数に制限がなく、プラン別に1アカウントの月間時間数が決まっています。SMALLコースは10時間、MEDIUMコースは30時間、LARGEコースは50時間です。

Zmeetingアカウントを持った者が複数で、同一の会議に出席することで、消費する月間時間数をシェアすることが可能になります。

つまり、Zmeetingは1ライセンスで1会議が行える仕様となっており、会議あたりの参加人数にかかわらず、時間消費は実際の会議時間分となります。

そのため、Zmeetingは大変コスパに優れた商品といえます。

Zmeetingの便利な機能

Zmeetingには、音声AIが会議を可視化することで想定される不具合を、自然な形へと変換する便利な機能が搭載されています。ここでは、Zmeetingの便利な機能を紹介します。

自動文字起こし機能

音声認識AIにより、話者の発言をテキスト化します。自動でテキスト化してくれるため、議事録の作成が楽になります。

辞書登録機能

辞書機能を利用して、社内用語や専門用語を登録することで、音声認識を自社でカスタマイズして利用することが可能な機能です。

また、Word や Power point の資料をアップロードすることで、資料から自動的に用語登録できる機能も搭載されています

多言語翻訳機能

会議の参加者ごとに、別々の言語を設定することが可能な機能です。別々の言語を設定できるので、複数の言語が飛び交う会議でも、簡単に議事録が作成できます。

フィラー除去機能

「ええと」など、会話中の不要語句を自動で除去する機能です。会話の中で不必要な言葉はテキスト化されないため、あとから修正をする必要がありません。

音声ファイルテキスト化機能

録音した音声ファイルを読み込ませてテキスト化する機能です。出先で会議を録音した場合でも、簡単に記録として残せます。

議事録清書機能

音声認識で自動作成したテキストを、エディタ機能により清書する機能です。

強固なセキュリティ機能をもつ

Zmeetingは、セキュリティ機能を搭載することにより、大事な会議や商談の内容を保護しています。ここでは、Zmeetingが提供するさまざまなセキュリティ機能を紹介します。

待機室機能

待機室機能をONにすることで、会議参加前に待機室で待機してもらい、会議へのアクセスを許可するかどうかを選べる機能です。

会議ロック機能

会議オーナーが、会議中に「会議をロック」ボタンを押下することで、新規参加者を受け付けなくする機能です。

退出機能

会議の議題に不適切な参加者がいた場合に、会議オーナーの操作により退出させられる機能です。

認証機能

Zmeetingに登録されたユーザーのみが会議に参加できるよう、会議に参加する際にZmeetingの認証を求める機能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、音声 AI による WEB 会議の可視化ツール「Zmeeting」について解説しました。Zmeetingの音声認識率は90%以上を誇り、議事録作成面倒を大幅に削減してくれます。また、自動文字起こし機能をはじめ、社内用語が登録できる辞書登録機能や、不要語句を自動で除去するフィラー機能はとても便利です。

さらに、会議へのアクセス許可を管理できる待機室機能や、会議ロック機能は情報漏洩防止に効果的です。面倒な議事録作成でお困りであれば、ぜひZmeetingの導入を検討してみてください。まずはZmeeting公式ホームページのトップ画面に「個別相談」や「資料請求」ボタンが用意されていますので、お問い合わせから始めてみましょう。

 

よくある質問


GoogleアカウントによるログインとMicrosoftアカウントによるログインが行えるそうです。


ZMEEITNGの機能は、WEB会議ツールによって制限されるものではないため、問題ないそうです。Teamsでももちろん利用可能だとのことです。
Zoomであれば、予約連携や起動連携が設定されており、Zoom上の字幕表示に対応できるそうです。


はい、「音声認識時間≒消費時間」となるそうです。
会議予約は1時間の場合でも、会議が30分で終了し音声認識も30分だった場合は、30分でのカウントとのことです。


利用は可能ですが、Web会議アプリとの併用は行えないそうです。対面の会議にて利用してくださいとのことです。

おすすめ議事録作成ツールの機能ごとの早見表

イメージ1
2
3
4
5
サービス名Ai議事録取れる君RIMO voiceAIGIJIROKUスマート書記Aces Meet
自動文字起こし
自動要約

業界初!




ツール連携ZOOM、TeamsZOOM、Teams、
Google Meet
ZOOM、Skype、Teams
Haugouts、Webex
ZOOM、Teams
Google Meetなど
ZOOM、Teams、
Google Meet
多言語対応
共有
編集
無料トライアルあり(7日間)あり(60分)あり(7日間)あり(14日間)あり(30日)
サービスサイトはこちらサービスサイトはこちらサービスサイトはこちらサービスサイトはこちらサービスサイトはこちら
詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

検索

PICKUP TABLE

【おすすめ】議事録作成ツール比較表

イメージ1
2
3
4
5
サービス名AI議事録取れる君RIMO voice(リモ ボイス)AIGIJIROKU(AI 議事録)スマート書記Aces Meet(エーシーズ ミート)
特徴AI自動要約を搭載。議事録作成の効率を大幅に向上できる議事録作成ツール日本語に特化し、音声データを自動でテキスト化ができるAI文字起こしツール30ヶ国語の自動翻訳機能を備えた、文字起こしに特化した議事録作成ツール音声×AIで議事録作成の自動化と効率化をサポート東大松尾研発ベンチャーのAIテクノロジーによる驚異的精度の文字起こし
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら