AIGIJIROKU(AI 議事録)

公開日:2022/07/02 最終更新日:2024/02/06

AIGIJIROKU(AI 議事録)

AIGIJIROKU(AI 議事録)

おすすめポイント

ポイント1 音声認識の精度が高い
ポイント2 ZOOM連携をするだけで導入可能
ポイント3 リアルタイム翻訳30か国語対応

30ヶ国語の自動翻訳機能を備えた、文字起こしに特化した議事録作成ツール

AIGIJIROKU(AI 議事録)はZOOM連携をするだけで会議やウェビナーなどでの会話をリアルタイムで画面上にテキストとして表示してくれるうえ、通話終了後は議事録を自動で保存してくれます。会話の内容が文字として可視化されるので会議が効率化されるのは、独自のメリットとなっている部分です。

加えて、音声認識の精度が非常に高く、30か国語のリアルタイム翻訳に対応しているのも強みです。

基本情報

Web会議との連携 ZOOM、Skype、Teams、Hangouts、Webex
トライアル(無料)プラン
料金 【年払い】
■チーム
32万7,800円/年
■ビジネス
220万円/年
【月払い】
■チーム
2万9,800円/月
■ビジネス
20万円/月
機能■AI要約機能:保有する大規模言語処理モデル「LHTM-2」を活用して、議事録のサマリーの作成を支援
■清書機能:「AI GIJIROKU」が書き起こした議事録から清書版(完成版)の議事録の作成をより簡単に行うためのサポート機能
■内部音声収録機能:Zoomに加えて、Microsoft TeamsやGoogle Meetなどの様々なオンライン会議ツールで議事録の書き起こしが可能
問い合わせ メールフォーム
会社情報 株式会社オルツ
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル 807

AI議事録は、30ヶ国語に対応した音声入力やリアルタイム翻訳機能を備えています。グローバルな環境でも円滑な会議を実現し、スムーズな議事録の作成に役立ちます

また、言語の壁を取り払い参加者がスムーズに意思疎通を図ることができるため、外国人メンバーとのコミュニケーションにおいても役立つでしょう。

今回はそんなAI 議事録の特徴と魅力をわかりやすくご紹介します。

おすすめの議事録作成ツール

AIGIJIROKU(AI 議事録)の特徴①利便性が高い

AIGIJIROKU(AI 議事録)の画像2AI議事録は、クラウド型のサービスになり導入にサーバーの設置や構築の手間が不要です。クラウド上でデータの保存や処理が行われるため、すぐに利用を始めることができます。

スマートフォン対応

AI議事録は、スマートフォンにも対応しています。iOSやAndroidを搭載したさまざまなデバイスで使用できるので非常に利便性が高いと言えるでしょう。

スマホ版アプリにより、外出時の打ち合わせや会議でも活用できます。打ち合わせ後に帰社してからもスマートフォンで議事録の内容を確認できるため、聞き漏らしや勘違いを防ぐことが可能です。いつでもどこでも便利に会議内容を確認でき、効率的な業務遂行に役立ちます。

リモート会議にも対応

AI議事録は、リモートワーク環境でも生産性を高められます。Zoomとの連携機能により、会議やウェビナーでの会話をリアルタイムで画面にテキスト化でき、通話が終了した後も議事録は自動的に保存されます。

また、事前に声紋登録を行うことで、発言者を間違えることなく文字起こしを行うことが可能です。

高精度の音声認識システムを搭載しており、従来の音声認識では文章化できなかった音声でも高い精度で文字起こしが可能です。これにより、リモート会議中の発言内容を正確に記録し、会話がテキストとして可視化されることで、会議内容を深く理解できるでしょう。

AIGIJIROKU(AI 議事録)の特徴②文字起こしを自動化

AIGIJIROKU(AI 議事録)の画像3AI議事録は、AIの学習機能によって文字起こしの精度を向上させた自動議事録ツールです。会議やウェビナーなどの発言者の会話も、自動的に文字起こしが可能です。

またAI議事録はアップデートを繰り返しており、さまざまな機能が順次提供されています。たとえば、2023年3月には清書機能が追加され文字起こしした内容を整形して見やすく表示できるようになりました。5月にはAIアシスタント機能が新たに実装され、単語の出現頻度や関連性、文脈などを考慮して複数の見出しを自動生成・提案が可能です。

同時にAIアシスタントでは、会議中に話し合われた重要なポイントやToDoを自動的に抽出する機能も備えています。これにより、会議の要点やアクションアイテムを見逃すことなく把握できます。

AI議事録は、効率的で正確な文字起こしを実現するだけでなく、利用する度にAIが学習し、精度が向上していくため、高品質な議事録を作成できるでしょう。

高精度の音声認識

AI議事録は、99.8%の高精度な音声認識システムを提供しています。チームメンバーの発言を正しく記録するため、会議に出席できなくても簡単に情報共有が可能です。

会議室などでのオフライン利用も可能であり、参加者が複数いる場合でもAIが発言者を特定し、自動的に議事録を作成します。

従来の音声認識では文章化が難しかった音声でも、AI議事録ではスムーズに文字起こしを行えるでしょう。

30カ国語以上の翻訳が可能

AI議事録は、発言者のリアルタイム文字起こしに加え、日本語をはじめとする30カ国語以上において、高い精度での翻訳に対応しています。

特にZoomなどのオンライン会議では、AI議事録が文字起こしした文章をリアルタイムで画面に表示することが可能です。

複数の言語に対応しているため、参加者は自分の言語で会議の内容を理解できます。自動翻訳機能により、言語の壁を取り払い、円滑なコミュニケーションと情報共有ができるでしょう。

業種別の音声認識に対応

さまざまな業種や専門領域において、専門的な用語や専門知識が使用されることが多々あります。AI議事録は、オンライン会議やリモート授業の増加に伴い、業種別の音声認識機能にも対応しています。

たとえば、医療業界や法律業界、金融業界など誤認識の多い分野でも効果を発揮します。新たに業界分野別の音声認識エンジンを開発し、業種特有の用語や専門用語にも、独自の技術や学習した音声認識を加えることで精度を保ちながら業種固有の情報や議論を正確に記録できるでしょう。

AI議事録の業種別の音声認識エンジンにより、さまざまな業界での会議や議事録作成において、高い効率性と正確性が実現できます。

AIGIJIROKU(AI 議事録)の特徴③アフターフォローが充実

AIGIJIROKU(AI 議事録)の画像4AI議事録では、充実したアフターフォローを提供しています。問題や疑問が生じた場合には、24時間365日メールでの受付を行っており、利用者の要望や問題に対して的確なアドバイスや解決策を提供します。

アフターフォローの充実により、安心して製品を導入し、問題や要望が生じた際にも適切なサポートを受けられるでしょう。

ウェビナー解説

AI議事録では毎月ウェビナーを開催しており、デモンストレーションを用いながら具体的な利用方法やよくある質問への解決方法などを学ぶことができます。解説資料やウェビナーを通じて、AI議事録の利点や使い方について詳細に理解できるでしょう。

参加特典として1週間無料トライアルを行っており、ウェビナーに参加してから利用することでより効果的にAI議事録を活用できます。

安心のセキュリティ体制

AI議事録では、全ての通信がSSLを使用して暗号化処理されています。意図的な行為以外では利用者のデータや情報が安全に送信され、外部の第三者が確認できないため機密性の高い会議内容でも安心して利用できるでしょう。

また独自のセキュリティチェックシートがあり、セキュリティ面はもちろんデータ管理やアプリケーション運用などの情報も詳細に確認できるので安心です。

まずはメールでお問い合わせしてみよう!

AI議事録は、高精度の音声認識システムを備えた自動議事録ツールです。リアルタイムでの文字起こしや翻訳が可能であり会議やリモート会議において、発言内容を正確に文字起こしし、情報共有をスムーズに行うことができます

また30カ国語の自動翻訳機能や音声入力を搭載しており、外国人チームとのコミュニケーションにも効果を発揮します。

そんなAI議事録が気になる方は、メールで気軽に問い合わせてみましょう。

お問い合わせはこちら

AIGIJIROKU(AI 議事録)の口コミ・評判

精度がよかった(RYO)
40分ほどのzoom 会議で利用してみたが、 精度の感覚は8割ほどの印象。 googleとamazonの議事録とも比較したがこちらの方が精度がよかった。 無料だと認識がされなかったので有料にしなければならない。

引用元:https://ktkm.net/

この方は、AIGIJIROKUをzoom会議で活用されたようです。また、低価格の割に精度が高いという点も評価されていました。安価でAI議事録を利用したいという企業は、お試しで無料のトライアルプランから検討してみるといいかもしれませんね。ちなみに有料のパーソナルプランを1週間無料で利用する場合、実際の有料利用者から招待コードを受け取る必要があります。
今の所ベスト(RYO)
音声文字化系サービスで色々と触ってきましたがこちらは友人からの紹介で利用 開始。 最初音声認識の精度は8割くらいの印象だったが、業種別音声認識というものを 使ったら9割超えてきた印象。 使いこなせば今の所ベストかなという感じ。

引用元:https://ktkm.net/

こちらの方は、AI 議事録を友人に紹介してもらった結果、おおむね満足する性能であることを実感できたようです。この時点ではまだ使いはじめたばかりのようですが、それでも認識の精度が9割なら上々でしょう。また業種別音声認識は、専門用語の認識精度が高いものになっています。そのため、利用するにあたってその性能を大いに発揮してくれるでしょう。
専門用語も正しく音声認識してくれる(こもも)
専門用語や特別な表現も、ほぼ忠実にテキスト化できているので、あとから修正する箇所が少なくなり、短時間で会議録の作成ができるようになりました。 特別の音声認識強化エンジンもあるようなので、業種とわず汎用的に使用可能な製品だと思います。

【サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください】
会議や打ち合わせの内容をリアルタイムにテキスト化してくれるので、文字起こしの手間や会議内容について参加者間の認識のずれが少なくなりました。 ZOOMと連携させれば、打合せや会議のあとすぐに内容を文書化したものがスピーディーに配布可能になりました。

引用元:https://boxil.jp/

AIGIJIROKUは専門用語や特別な表現も、ほぼ忠実にテキスト化できているそうです。精度の高さが伺えますね。 AIGIJIROKUはZoom連携をするだけで発言を字幕表示することも可能です。会話が可視化されるため理解が深まりリモート会議の生産性も高まるでしょう。
ZOOMを頻繁に利用している会社はとても助かる(Williams)
ZOOM連携するだけで発言をテキスト化できるので、ZOOMを頻繁に利用している会社には特におすすめです。音声認識精度が高いので、後で修正作業を行う必要もありません。

【サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください】
ZOOMを利用した会議での発言をテキスト化するために導入しました。会議終了後に内容を振り返ることができますし、会議に参加していないメンバーも簡単に情報共有できるのでチーム内でタイムラグが生まれることもなくなりました。会議の内容を基にして資料も作れるので、会議と資料作成を兼ねることも可能です。

引用元:https://boxil.jp/

AIGIJIROKUの機能を利用することで、会議終了後に内容を簡単に振り返ることができるのはもちろん、会議に参加していないメンバーへの情報共有もスムーズにできるのは便利ですね。 AIGIJIROKUの音声認識精度は驚異の99.8%で、参加者が複数名の場合でもAIが話者を特定し議事録を作成します。これだけ高性能な議事録作成ツールは他になかなかないでしょう。
よくある質問

現在、以下の5つのプランがあるそうです。
<フリー>
無料で利用できるプラン。
既存の議事録の閲覧など情報共有に利用可能。
<パーソナル>
個人利用向けのプラン。
収録や共有やグループ作成などAI GIJIROKUの基本的な機能は全て利用可能。
<チーム>
チーム(多人数)での利用が可能な企業向けプラン。
利用枠が大幅に拡大されセキュリティも強化。
<ビジネス>
大規模なチームでも利用可能な企業向けプラン。
チームプランよりご利用枠が拡大。
<エンタープライズ>
精度向上も含めた本格的なビジネス利用を検討の企業向けのカスタマイズプラン。
利用環境に合わせたコンサルティングからサポート。
フリープランは無料で利用できるプランだそうです。既存の議事録の閲覧など情報共有に利用可能なようです。議事録の収録やインポート機能は、チュートリアルのみ利用できるとのことです。
実際の議事録を作成いただくには、パーソナルプラン以上の有償プランへの契約が必要だそうです。
ホーム画面から新規登録することで、フリープランへの登録となり、パーソナルプランやチームプラン・ビジネスプランを利用する場合は、画面右上のアバターアイコン>設定>プラン よりアップグレードしてくださいとのことです。
また、月額1500円のパーソナルプランを1週間お試しできる「無料トライアル」の用意もあるそうです。
プランの変更はAI GIJIROKUアカウント内の下記のメニューから可能だそうです。
画面右上のアバターアイコン>設定>プラン
なお、パーソナルプラン無料トライアイルのアカウント、フリープランのアカウントの場合はアカウントログイン後の画面上部に表示されているバナーの「今すぐアップグレード」からチームプラン/ビジネスプランへ申し込んでくださいとのことです。
スマートフォン及びマイク付きのパソコンで利用できるそうです。
【おすすめ】議事録作成ツールはこちら

検索

PICKUP TABLE

【おすすめ】議事録作成ツール比較表

イメージ1
2
3
4
5
サービス名AI議事録取れる君RIMO voice(リモ ボイス)AIGIJIROKU(AI 議事録)スマート書記Aces Meet(エーシーズ ミート)
特徴AI自動要約を搭載。議事録作成の効率を大幅に向上できる議事録作成ツール日本語に特化し、音声データを自動でテキスト化ができるAI文字起こしツール30ヶ国語の自動翻訳機能を備えた、文字起こしに特化した議事録作成ツール音声×AIで議事録作成の自動化と効率化をサポート東大松尾研発ベンチャーのAIテクノロジーによる驚異的精度の文字起こし
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら