スマート書記

公開日:2022/07/01 最終更新日:2024/02/06

スマート書記

スマート書記

おすすめポイント

ポイント1 導入実績がとても多い
ポイント2 機能が豊富
ポイント3 サマリーの素早い共有が可能

音声×AIで議事録作成の自動化と効率化をサポート

スマート書記は2,500社以上が導入していて、累計の利用者数は1万3,000人以上にも上ります。クラウド型の議事録作成支援サービスとなっているため、手軽に会議などの効率化を図ることが可能です。AIによる90%以上の正確さの文字起こしを利用できるので、手作業で議事録を作成していた頃と比べて格段に業務効率が上がることでしょう。

基本情報

Web会議との連携 ZOOM、Teams、Google Meetなど
トライアル(無料)プラン
料金 【基本使用料:3万円/月~】
・利用料金は基本使用料とオプション費用で構成
・利用人数にあわせて見積もり
■ 利用できる機能
録音、議事録エディタ、音声・動画のアップロード、用語登録、フィラー除去、自動話者分離、タイムスタンプ、メール共有、ダウンロード、サマリー、and more!
・文字起こしパック(オプション)
1か月に利用できる時間を、利用予定に合わせて購入が可能。
機能内部音・マイクでの録音機能/マイクON・OFF機能/音声ファイルインポート/議事録特化エディタ/タイムスタンプ機能/同時編集機能/日・英の自動AI文字起こし/AIアシストで自動要約や清書、要点を抽出/用語登録で、文字起こし結果の精度向上/決定事項・ToDoサマリー自動抽出/メール共有/URL共有など
問い合わせ メールフォーム
会社情報 エピックベース株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田5-1-3 ヘリオスビル 2F

スマート書記は、EPICBASEが運営する音声を使用した議事録作成サービスです。

面倒な議事録の作成を一本化してくれるスマート書記は、録音・メモ・録音の聞き直し・清書など、以前はバラバラに作業することも多かった工程をスムーズにすることに成功しました。

今回はそんなスマート書記の魅力や特徴を紹介します。

おすすめの議事録作成ツール

スマート書記の特徴①ハイクオリティな文字起こし

スマート書記の画像2スマート書記はハイクオリティな機能性を有しています。実装されたAIによる90%を超えるハイクオリティ文字起こし機能によって、間違いのない文字起こしが可能です。

従来の文字起こし機能に頼った場合、必ず手動で修正する必要がありましたが、スマート書記であれば、ほぼ手直しする必要なく文字起こしできます。この文字起こし機能を活用すれば、業務効率化できることは間違いないでしょう。

データ容量が豊富

スマート書記は、ファイルアップロードは最大4GBまでの音声を拾え、動画データの文字起こしもできます。

スマート書記の特徴②多機能性のあるツール

スマート書記の画像3スマート書記には、多機能な拡張ツールがあります。フィラー除去という機能を使えば、「えー」「あの」といった要らないワードをオートで非表示にでき、議事録作成で本当に必要な文章だけを拾えます

また、用語登録機能によって社内・業界特有の用語といったものを登録することで認識率アップが期待できるのも魅力です。

翻訳機能においては、日本語の他に英語の文字起こしにも適応しています。海外とのやり取りが多い企業にとって英語翻訳機能があることは、かなりの利点になるでしょう。

発言者の見える化

スマート書記を活用すれば、最大10名までの発話を認識できます。自動話者分離機能が備わっており、誰がどういった発言をしたかを見える化できて、その情報を議事録に活用できます。

ウェブ会議をしていると、誰がどのタイミングで発言したかわかりづらいものです。会議後に議事録をチェックしても内容が整理されておらず、理解不能ということも多くあるでしょう。その点、スマート書記を使えば、整理された状態で議事録が残されるので発言内容が一目瞭然です。

利用シーンが数多くある

スマート書記は、一台のデバイスでいろいろなウェブ会議ツールのレコーディングができます。例えば、ウェブ会議の代表格となるzoomやMicrosoft Teams、Google Meetといった多くのツールで、参加者している全員の音声をスムーズにレコーディングできます。

スマート書記の特徴③会議の全段階をいつでも把握できる

スマート書記の画像4スマート書記を使えば、議事録の作成から音の聞き直しやシェアまでのプロセスをいつでもどこでも使うことができます。議事録に特化した編集機能によって文字起こしのエディットだけでなく議事録の作成も容易にできるのが大きな特徴です。

また、文章と音声をリンクさせて、いつどこでも音声が聞き直せます。「レコーディングする」「メモをとる」「レコーディングを聞き直す」といった一連のプロセス全部がスマート書記の画面一つで完結できます。

そして、チームでプロジェクトを進めていく上で重要になってくるのが、共有のしやすさです。スマート書記なら、決定事項とやることリストを一覧でわかりやすくオート表示してくれます。

その表示機能によって情報の受け渡しをより迅速にできるようになります。さらに、音声も同時にシェアしてより正しく作業できるのが特徴です。

モバイルとの優位性

スマート書記は、モバイルバージョンもあります。このモバイル機能があることによって、情報を持ち運ぶことが容易になりいつでもどこでも情報共有が可能なのです。

PCと変わらずに音声やムービーファイルのアップロード、タイムスタンプ機能や音声の再生機能など、基本機能がモバイルでも利用できます

出張が多い場合も、モバイルアプリがあれば共有もスムーズにできるので、パソコンを持ち歩くストレスもなくなるでしょう。

充実のサポート

スマート書記を契約した際、カスタマーサクセスチームのサポートが手厚い点も大きな魅力の一つです。例えば、導入を推進すると専任のスタッフが引き合わせてくれて、利用の定着に向けてきちんと支援してくれるのです。

スマート書記を利用する際のマニュアル作成のサポートや利用状況の報告をもれなくしてくれます。

また、専任スタッフがスマート書記利用者のサポートもします。ウェブ説明会の企画・実施や疑問が上がった場合のチャット対応で問題を解決します。そして、その上がった疑問点・問題を解決するだけでなくそのイシューを確実にプロダクト開発に反映させます。

スマート書記は、安全性への配慮も良好です。顧客に安心して継続利用してもらうため、技術や運営面で万全のセキュリティ対策を行っています。

例えば、情報セキュリティマネジメントシステム「ISO/IEC、27001(ISMS)」の認証を取得しております。顧客が不安なく利用できるようにIPアドレス制限や多要素認証、監査ログなどさまざまなシステムを提供しています。

情報・通信の暗号化の取り組みも万全です。音声や議事録などの顧客データは、全部サーバーサイドで暗号化して守っています。

さらに、脆弱性への対策も完備されています。アプリケーションを販売する前に脆弱性へのスキャン作業を行い、サービスを提供する際に脆弱性がないかを頻繁にチェックし対処しています。また1〜1年半ごとに、第三者であるセキュリティ会社による脆弱性メンテナンスを行っているのも心強いです。

まずは問い合わせてみよう!

スマート書記は、議事録作成の煩雑さを一気に解消してくれる心強い味方です。議事録作成に関わる各工程の作業をシームレスに繋ぎ合わせてくれるので、企業側にとってはかなり利便性あるアプリケーションと言ってよいでしょう。

AIテクノロジーをふんだんに活用した機能も十分で、その文字起こしの正確性は90%以上と言われており、文字起こし機能特有の拾った言葉の違和感や不正確さを見事に回避できている点は評価に値するでしょう。

議事録作成の業務を効率化したい、人件費の削減やコストカットを実行するために導入を検討している方は、一度問い合わせフォームから問い合わせしてみましょう。

お問い合わせはこちら

スマート書記の口コミ・評判

議事録の作成が楽になってます(金子)
文字起こしの精度は中々高いです。 まだ改善の余地がありますが、簡単に内容を把握する分には十分だと思います。

引用元:https://ktkm.net/

こちらは改善の余地ありとしつつも、スマート書記の文字起こしの精度に、なかなか好感触の様子ですね。ただし使いこなせているかどうかも、機能性が発揮されるか否かにかかってくるので、おそらくもっと使い込めば、より精度が高くなる可能性もあります。またスマート書記は、セキュリティ対策も万全なので、そうした要素も含めたうえで利用されるといいでしょう。
取材時のお守りになっています(遠藤)
"このご時世なので在宅勤務も多く、最近ではWebでのインタビューがメインです。録音の操作も簡単で、うまく使えています。 もともと人の手で一言一句文字起こし作業をしていたので、それをAIに任せることに最初は少し不安はありました。しかし、概要や要点、インタビュー相手の発言内容を記録するために使うには、精度も十分だと感じています。 なによりも、Web会議ツールの録音に加えてスマート書記でも録音されていてバックアップにもなりますし、取材中にメモを取ることに必死にならなくても良いので、インタビューにより集中して会話中の気になる話題を掘り下げたり、お相手のお話をより深く聴くことができるようになった気がします。 チームとして心がけている「価値あるコンテンツを届ける」ことにも貢献していると思います。"

引用元:https://www.smartshoki.com/

コロナ禍で頻繁になったWEBインタビューの際にもスマート書記が役立っているようですね。スマート書記は高精度の音声認識とAIアシストにより、録音から自動文字起こしすることが可能です。 さらに自動要約や要点の抽出機能も備わっているため業務負担を劇的に減らしてくれるでしょう。
議事録作成工数を半分にできた会議もあり(西澤 明彦 )
発言録をとる会議では、会議後の議事録作成工数が半分になりました。また、私が所属している部署では、スマート書記への信頼感がある程度醸成されたのもあり、議事録の作成を全てスマート書記に任せた会議もあります。 現在は、ほぼWEB会議ということもあり、音声も比較的クリアで文字起こしの精度が高いと思います。また、必要な部分だけピンポイントで音声を聞き直すことができるので、その場の雰囲気などもキャッチアップできて良いと感じます。 先日追加された「自動話者分離」機能も便利そうなので、期待しています。

引用元:https://www.smartshoki.com/

こちらの方は会議後の議事録作成に費やしていた工数をなんと半分に削減できたそうです。スマート書記を利用することでかなり業務が効率的になりそうですね。 スマート書記を導入すれば一台の端末で会議の録音・エディタ・文字起こしが可能です。操作性もシンプルでスマートなため、機械が苦手な方も安心して利用できるでしょう。
細かな記録にも最適(水戸)
議会関連の議事録は、内容によって法令等に「議事録を残す」ことが定められているものがあります。今回、スマート書記を活用している委員会は議事録を残す必要のある会議です。そのため、作成にあたっては細かな「あー」「えー」などのフィラーと言われる音も正確に記録に残す必要があり、作成自体にとても時間がかかっていました。 スマート書記を導入してからは、文字起こしを自動でしてくれ、フィラーの削除のありなしも選べるので、その発言そのままの記録を作るのが、とても楽になったと思います。

引用元:https://www.smartshoki.com/

スマート書記では、「あー」「えー」などの言い淀み (フィラー) は自動でフィルターされます。フィルター除去のありなしが選べるので用途に応じて利用できるのが嬉しいポイントです。 さらに用語登録機能を利用することで専門用語を認識しやすく設定することも可能です。より精度の高い議事録作成ツールを求めている方にも最適でしょう。
よくある質問

マイクのマークに×がついている場合、以下の可能性がありますので確認してくださいとのことです。
・ブラウザにマイクを許可していない可能性
・録音開始に音声共有ができていない可能性
・マイクが認識されていない可能性
・端末のマイクアクセスが許可されていない場合
スマート書記では、以下の2種類の音を録音するそうです。
・内部音声 (PCから流れるウェブ会議などの音声)
・マイク入力音声(PCのマイクから入力するご自身や周囲の音声)
このうち、内部音声が録音できない場合は以下の可能性があるとのことです。
・音声共有範囲の設定誤りの可能性
・録音中に設定変更が生じた可能性
・サウンド設定の可能性(USBマイク・Windows端末)
・サウンド設定の可能性(Bluetoothマイク・Windows端末)
・サウンド設定の可能性(外付けディスプレイ・Windows端末)
ウェブ会議にどのように参加するかによって、適切なマイクON/OFF設定が異なるそうです。正しく設定できていない場合、二重録音(マイクと内部音で二重に音声を録音してしまう事象)が発生しますので注意が必要とのことです。
ドキュメント画面では、WebSocketを利用した通信を行なっているそうです。以下の症状がある場合はWebSocket通信に制御がかけられている可能性があるとのことです。
・「再接続しています。画面を閉じずにこのままお待ちください」のメッセージが表示されたまま全く再接続がされない
・会議タイトルや会議メモを入力しても保存されない
【おすすめ】議事録作成ツールはこちら

検索

PICKUP TABLE

【おすすめ】議事録作成ツール比較表

イメージ1
2
3
4
5
サービス名AI議事録取れる君RIMO voice(リモ ボイス)AIGIJIROKU(AI 議事録)スマート書記Aces Meet(エーシーズ ミート)
特徴AI自動要約を搭載。議事録作成の効率を大幅に向上できる議事録作成ツール日本語に特化し、音声データを自動でテキスト化ができるAI文字起こしツール30ヶ国語の自動翻訳機能を備えた、文字起こしに特化した議事録作成ツール音声×AIで議事録作成の自動化と効率化をサポート東大松尾研発ベンチャーのAIテクノロジーによる驚異的精度の文字起こし
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら